フィット感を向上させたジャイアント RACEDAYコレクション

チャリンコにまつわるNews

ジャイアントから新たなアパレルが誕生

ジャイアントといえばバイクフレームからライダーエキップメントまでを幅広く展開しているメーカーです。
2018年の春夏アパレルではコストパフォーマンスが優れているコレクションも誕生しています。

ヘルメットやシューズなどライダーのアイテムとしてサイクリストであれば多くの人がジャイアントのアイテムは目にしたことがあるものです。
UCIワールドチャームであるサンウェブのレプリカやそのテクノロジーを活用しているELEVATEを頂点としてRACE DAYやPODIUM TOURといったシリーズも知られています。

その中でも2018年のモデルとして登場しているRACE DAYコレクションはライダーのハイテンポなペースにも対応することができる機能が備わっており、なおかつリーズナブルな価格帯ということでも注目を集めているラインです。
ミドルグレードであるために手を出しやすいと思う人も多くいます。

RACE DAYコレクションの特徴

RACE DAYのくレクションでは半袖ジャージと長袖ジャージ、ビブショーツ肩紐のないショーツ、指切りグローブ、フルフィンガーグローブ、ヘッドウェア、キャップ、ソックスなどの9種類が展開しています。
どれもライドに不可能なアパレルです。
購入した際にはコーディネートや機能性に合わせていろいろなタイプのものを身につけてトータルコーディネートが楽しめるものとなっています。

半袖ジャージに使われている素材はサンウェブのジャージと同じくTransTexturaです。
これは吸汗速乾性がとても優れています。
サイドの部分にはメッシュパネルが使われており、高温多湿な夏場のライドでも過ごしやすいよう通気性がとても高いのが特徴です。

2018年モデルにはボディマッピングテクノロジーという技術が駆使されており、レースフォットを採用されており、体へのフィット感もとても高くなっています。
体にぴったりとフィットするカッティングとなっていますが、ラグランスリーブになっているので過多の動きが妨げられる心配は少なくなっています。

長袖ジャージでもTransTexturaが素材として使われていて生地はとても柔らかくシルクのような快適さが感じられる仕上がりです。
仕様としてはほぼ半袖と同じですが、ラグランスリーブやオートロックジッパー、シリコングリッパー、リフレクターといったものも装備されています。
ウェアのバタつきが気になる人にはぜひともおすすめしたいモデルです。

ボトムスも肩紐があるものと無いものと2タイプがあります。
ライド中にズレにくいよう高着圧のバンドが備わっており、疲労の原因となる筋肉のブレについても抑えるのに効果的です。
肩紐がついているタイプでも汗や熱で蒸れにくい構造となっていますから負担は軽減されています。
素材も構造も長距離のライドでも快適に過ごすことができるようになっています。