初心者におすすめ!ニートゥーエルボー

ゆうこの体幹トレーニング

ニートゥーエルボーで腹斜筋を鍛えよう

今女子も腹筋を割ってメリハリボディを目指そうという方が多くなっています。
腹筋の中でも腹斜筋は体感を整えるために有効なトレーニングです。
体幹を整えることで姿勢もよくなりますし、痩せやすい体になります。

体幹が整うと筋肉が効率よく大きくなり、美しいラインの体を目指すことができるのです。
体幹はアスリートの方々にも重要な要素となりますが、普段の生活の中でも健康的に暮らすためにとても大切なことといえます。

ニートゥーエルボーも正しく行うことが重要

肩幅くらいに足を開き両手を頭の後ろへ、片足を軽く上げてセットポジションを取ります。
あげたほうの足の膝と逆側の腕の肘をつけるようにして腹筋をしっかり収縮させて元のセットポジションに戻る、この繰り返しです。
足を高く引き寄せる腿上げのようなトレーニングと考えるとわかりやすいでしょう。
逆足も同じように行います。

きれいなフォームで行うことが大切なのでゆっくりフォームを意識して行うのがしっかり鍛えるコツです。
あげている足の膝とは逆の腕の肘をぐっと引き寄せるようにして腹筋を収縮させるとかなり効きます。
このトレーニングは片足15回ずつ、1分ほどの休憩を入れて4セットから5セット位が適切です。

ポイントを理解してしっかり筋肉を収縮させる

腹筋を鍛えるトレーニングですが、イコール体幹を整えるトレーニングでもあります。
そのため体の重心をしっかりと安定させ、猫背にならないように行うことがコツです。
猫背になると前かがみになるので、背筋をしっかり伸ばして前後にぶれないようにしましょう。

呼吸をきちんと行うのもこうしたトレーニングを行う際のポイントとなります。
つらいな・・・と思うときに息をふーっと吐く、筋肉を緩めるときに空気をしっかり取り込む、こうした呼吸法を覚えるとトレーニングがすごく楽になるのです。

ただつらいなと思う時こそ、「効いている!!」と考えて頑張るようにしてください。
つらいからと途中でやめてしまったり、回数を減らしてしまうと結局翌日もつらくなり挫折します。
つらくても「今日もやり切った!」と感じることができるとトレーニングは次第に「やることが楽しくなる」のです。

猫背にならないように顔を上げることもポイント!

真剣にやっているのになかなか効果が出ないとき、鏡で自分がトレーニングしている姿を見ると猫背になって下を向いていることに気が付きます。
姿勢が悪い状態でしっかりトレーニングできないと、せっかく頑張っても筋肉がなかなかつかないのです。

顔が下を向いていると結果的に猫背になり腰が曲がってしまうので腹筋に力が入りにくくなり効果的なトレーニングになりません。
きれいなシックスパックを目指すためにも、姿勢正しくフォームを整えてトレーニングするようにしましょう。