ポッコリお腹の解消!フロントブリッジ

ゆうこの体幹トレーニング

ぽっこりおなかをきれいにしたいならフロントブリッジ!

高校生の頃は嫌でも体育があったし部活もあるしかなり体を使っていますが、社会人になると仕事によっては全く体を動かすことがなくなり、筋肉も衰えていきます。
そうなると気になってくるのがおなか・・・ぷよぷよと贅肉が多くなりポッコリ目立つようになるのです。

体幹を鍛えるトレーニングとして「フロントブリッジ」というトレーニングがあるのですが、フロントブリッジはポッコリおなかをきれいなウエストにする効果が高いといわれています。
プランクとも呼ばれるこのトレーニングはプランク「板」を意味する言葉の通り、まっすぐできれいな姿勢をキープするトレーニングです。

いつもきれいな姿勢で背筋をまっすぐに、ということを意識していると体は自然と腹筋群を利用するようになり、体の安定感を高めてくれます。
正しいフォームを覚えて継続的にフロントブリッジをトレーニングに取り入れることでポッコリおなかを撃退!できるのです。

フロントブリッジの基本フォームを覚えよう

四つん這いで肘から手の先までを床につけ、両足を後ろに伸ばして腰の幅でつま先たちになります。
頭の先からかかとまで一直線になるように体にぐっと力をいれて、この姿勢をキープするというトレーニングです。

ゆっくりと呼吸しながらしっかりと姿勢をキープします。
最初はこの姿勢をとるのも難しいという人も多く長くキープできないのですが、少しずつキープできるようになり、片足を浮かせて負荷をかけたり、片手を伸ばすなどいろいろな応用もできるトレーニングです。

効果はポッコリおなかの解消だけじゃない

腹直筋を鍛えるトレーニングにクランチがありますが、ポッコリおなかを解消するためには下腹部に負荷をかける必要があります。
フロントブリッジは腹直筋のほか、腹斜筋、腹横筋など腹筋全体に負荷をかけることができるので、アウターマッスルもインナーマッスルも鍛えることができるのです。

またマシンを利用するトレーニングではなく、自分の重さでトレーニングするということになるため強すぎる負荷とならず筋繊維の損傷などを予防することができます。
呼吸しながらゆったりと酸素を取り入れていくことで血液の流れもよくなり、筋肉の柔軟性もつきしなやかな体になれるのです。

フロントブリッジをやってみるとよくわかりますが、背筋もしっかり使わないとこの姿勢をキープできません。
そのため、日常生活に必要不可欠な背筋と腹筋をしっかり整えることができ、姿勢がよくなるということもこのトレーニングの大きな魅力です。

基礎代謝が上がって痩せやすい体作りに役立つ

体幹を鍛えることができると基礎代謝が向上します。
おなかから背中、腰・・・とバランスよく筋肉を鍛え、血流がよくなるため基礎代謝がぐっと上がるトレーニングです。
ダイエットしてもなかなか痩せないという人も、このトレーニングをすることで基礎代謝がアップし、やせやすい状態を作ることができます。

もちろん食事や生活習慣を変えるということも必要なことですが、体質改善をするためにもこのトレーニングはお勧めです。
継続的にできるよう、最初は無理せず短いキープ時間からチャレンジしましょう。