駐輪禁止

自転車漫画って結構あるんです!

その他趣味

意外と多い自転車漫画

たとえば、野球やサッカーを題材にした漫画はたくさんあって、多くの人達が熱中しています。
しかし、自転車に関する漫画はそんなにないのではないかと思っている人が多いです。
けれども、実は自転車を題材にしている漫画はたくさんあり、それらはとても人気があります。

自転車漫画といっても色々な種類があり、自転車競技やサイクリング競技についてを描くスポーツ漫画から、自転車店を舞台にしたものまであります。
サイクリングをこれから始める人のためのハウツーものとしての役割を果たしている作品もあります。
このジャンルの元祖として1970年代に連載されていたサイクル野郎があります。

自転車雑誌に連載されているケースもありますが、多くは普通の漫画雑誌に掲載しています。
それぞれに魅力的な作品となっていて、自転車好きな方から大きな支持を集めています。
また、自転車に興味のある人にもおすすめできるものが多いです。

ロードレースの漫画

まず紹介するのはOver Driveという安田剛士が作者である自転車漫画です。
自転車ロードレースを舞台としている作品であり、テレビアニメ化や小説化も行われています。
2005年に連載スタートして、2008年に連載終了しました。

高校生の自転車部での活動がメインとなって話が進んでいきます。
主人公は内気で運動神経の鈍い女の子です。
私も女性なので、女の子が主役となって活躍するお話にとても興味を惹かれました。

実際に読んでみると、青春を感じさせるシーンが多くて、一生懸命努力している姿に感動しました。
作品としての面白さを追求しているため、現実離れした部分もあるのですが、まったく気になりませんでした。
今でも時々読み返すことがあるほどハマりました。

東京自転車少女について

次に紹介するのはわだぺん。さんが描いている東京自転車少女。です。
こちらは、女子高生たちが東京を自転車で散策する様子が画かれている作品です。
自転車がメインというよりも、東京が実際にはどのような土地であるのかが描かれています。

東京のイメージを一新することができて、より身近に感じられるようになります。
実際に作者が自転車取材を行っていて、そこから得られた情景を反映させています。
自転車に乗りたくなるような素敵な作品だと思います。

東京自転車少女。の公式ホームページを紹介しましょう。
>>東京自転車少女。

自転車漫画の魅力

他にも色々な自転車マンガが存在しています。
それぞれ、ストーリーに凝っていて、自転車のさまざまな一面を見せてくれるものとなっています。
自転車は、スポーツに使われるものでもあれば、通学や通勤に使うような移動手段でもあります。
また、これに乗るようになるには、大なり小なり幼少期の思い出となるような失敗や体験が残るものです。

それぞれの、自転車に対する思いの持ち方は違うかもしれませんが、やっぱりみんな思い出は持っているのではないでしょうか。
自転車が好きな方はさまざまな漫画を読んでみましょう。