アーネスト・W

おすすめのチャリンコ

シンプルイズベスト コスパの良さが特徴のアーネストW

ブラックパーツを多用したベーシックモデルで、色もシックなタイプが多く、老若男女問わずに乗りやすい自転車が、アーネストWです。
ベーシックモデルのママチャリですが、余計な物を全て省いている分、コスパが非常に良く、24型ですと3万千円~、26型ですと3万2千円~と、コスパが非常に良い点が特徴と言えます。

身長も、24型で135㎝以上から、26型で138㎝以上の方から乗る事ができますので、小学生でも乗ることが出来るタイプといえるでしょう。
シンプルイズベストで価格やデザインを控えめにしてはいるものの、ただのママチャリではなく、日頃乗るのに安心の工夫が色々と施されている点が、アーネストWの特徴です。

ハードランナータイヤで険しい道もスイスイ

アーネストWでは、ハードランナータイヤを採用。
でこぼこ道やガタガタ道など、少しハードな道でも、パンクをしにくく、安心して走ることが出来るでしょう。
耐摩耗性に優れているタイプのタイヤですので、タイヤが長持ちしやすいという点も大きな特徴になります。

ママチャリでこちらのタイヤが使われるのは非常に珍しく、ベーシックモデルとはいえ、走りやすさに工夫が施されていると言えるでしょう。
日頃、おおざっぱな運転をしてしまいがちと言う方も、パンクを防ぐ事が出来る分、安定して乗る事ができるようになります。

ですが、ステンレスリムなので、軽々と乗る事ができる点がメリット。
強くて丈夫、でも乗り心地が軽いという、日常生活において嬉しいポイントが詰め込まれている自転車と言えるでしょう。

低速でも光る3灯のLEDランプ

通常は、しっかりと自転車を漕がないとなかなか明るく周りを照らしてくれない自転車ランプですが、アーネストWは、そんなことはありません。
低速でもしっかりと光る、セミブロック3―LEDビームランプが装着されていますので、ゆっくりと走っているときでも、辺りをしっかりと照らしてくれるのが特徴です。

夜くらい中、思いっきり自転車を漕がないと明るく周囲を照らしてくれないというのがそもそもおかしな話で、どんなに周囲を照らしていても、スピードが出すぎていては万が一の時に止まれません。
日常使いのことをしっかりと考えた上で、ライトにも工夫が施されていると言えるでしょう。

サドルも抜けにくい構造になっていますので、いたずらをされにくいのが特徴です。
安めの自転車ですとこの点がどうしても見逃されがちですが、しっかりと工夫を施されていますので、安心して乗る事ができるでしょう。
出来るだけコスパが良く、安心して乗る事ができる自転車を探している方に、アーネストWはおすすめです。