飲食店

同窓会楽しかった~

ゆう子の日常

同窓会に行ってきました

高校時代とそれ以降とでは、人間関係に微妙に変化がある気がします。
やはり、本当に純粋な気持ちで他人と接して、仲良くできるのは高校までの友達に限られると思うのです。
そういった意味で、特に高校時代の友達とは、卒業をした後でもその関係を大切にしていきたいと思います。

しかし、高校を卒業してからは、大学に進学したり、就職をしたりで地元に残らない人も大勢います。
なかなか、みんなが同じ場所で会う機械というのは生まれにくいものです。
けれども、私の場合は高校時代の友達と頻繁に同窓会を行います。

同窓会には当時のクラスメイトの多くが参加するため、とても楽しい時間を過ごします。
中には久しぶりにあう人もいたりして、その変化に驚くこともあります。
高校の時に仲の良かった友達とは、たとえ会うのが久しぶりであってもすぐに盛り上がることができます。

つい最近も同窓会を開くという連絡があったため、楽しみにしていました。
当日は約束の時間よりもかなり早く待ち合わせの場所に行ってしまい、時間を持て余してしまったほどです。
久しぶりに会う友達もいて、懐かしい気分に浸ることができました。

同窓会はいいものだ

高校時代の関係性というものは、たとえ高校を卒業したとしても一生続くものだと思います。
あの頃と同じようにお互いが接しあうことができて、とても嬉しくなりました。
近況を報告しあうと、近々結婚をする人がいたり、もう子供が大きく成長している人もいます。

会社印として働いている人もいれば、まだ大学生として勉強を続けている人もいます。
それぞれに色々な人生があり、その話を聞いているだけでも楽しいです。
高校時代に語っていた夢を実現させている子もいて、とても感動することもありました。

普段はストレスがたまってしまうことや、嫌なこともあるのですが、同窓会の場ではそのようなことは全部忘れてしまいます。
久しぶりの再開を楽しんで、その瞬間だけは高校時代にタイムスリップしています。
自分たちが大人であることを忘れるようなはしゃぎ方をすることもあり、とても楽しい時間でした。

次の同窓会も待ち遠しい

同窓会は定期的に開催されるため、また次の同窓会が行われるのを待ち遠しく思っています。
それぞれの友達と個別に会うことはできても、なかなかみんなが揃うことはないためとても貴重な時間です。
同窓会ではさまざまな出来事が起こったのですが、それらをすべて語り尽くすことはできません。

高校時代の友達は一生の友だちになると誰かから言われたことがあるのですが、それは事実だと思います。
お互いの信頼関係が崩れることはなく、これからも心の通じ合う友達でいたいと思います。
同窓会はそのための良い機会となってくれます。